*

過去の栄光と、現在の精神との乖離

公開日: : 思索

小さいころ、まあと言っても20歳くらいまではそうだったかもしれないが、
周りの期待に対して応えるように生きてきた。

 

成績は優秀だったし、大学も上位の有名どころに現役で合格した。

家族や、先生や、友達からも、いわゆる「勉強ができる」ではなく、
「頭がよい」と思われて期待されていたと思う。
将来大物になるのではと思わせるような、
少なくとも、周りにそういうイメージを与えることには成功していたはずだ。

 

けれど20歳のときにちょっとおかしくなってから、
精神科のお世話になり、その入院中に煙草とパチンコを覚えた。
大学は休学と留年を含めて3年無駄にした。
親の金も無駄に使った挙句、パチンコにのめりこんで家庭崩壊寸前だった。

 

何とか持ち直し、大学の卒業と就職は出来たが、
大学時代の多くの時間を無駄に過ごし、
典型的な大学生としての経験をしてなかったこと、
他の同期と比較したら比べ物にならないくらい無名な小さな会社で、
コンプレックスの塊だけでおなか一杯になるような、卑屈な性格になった。

 

20歳過ぎたらただの人、どころかただの人以下になったと思ってしまった。
それでも、過去の期待から作り上げられた自分の将来観があることによって、
現実とのギャップで押しつぶされそうになる。

 

いまではだいぶ、名声や栄光だけを手に入れるためだけの完璧な将来観を捨てることに成功しているが、
それでもやっぱり、自分は成功しなければ承認されないのだと思っているし、
前向きになれば、高い目標を掲げすぎて挫折し、
それで後ろ向きになれば、完璧にダメな方向に向かおうとする。

 

そんな自分の性質を理解したうえで、
中庸な考えを持てるようになってきたかもしれない。
極端な考え方をしないことは、楽に生きるための第一歩かなと。

関連記事

no image

身体的に楽ではない

身体的に楽ではないところを挙げようとして、 やっぱりこの前述の三つの観点が早速崩壊しようとしている

記事を読む

no image

アダルトチルドレンな自分に改めて気づく

最近は仕事中にも、うつだの、仕事が辛いだの、自己肯定だの、認知行動療法だの、 自分が楽になれる

記事を読む

no image

クオリアとエンパシー

クオリアの問題は、昔から僕にとって考えるべき大きな題材の一つでした。 簡単に説明できないので、

記事を読む

no image

善と悪

今回の記事は、HSPに対しての過激な意見が含まれるかもしれません。 批判的な意見もあるでしょう

記事を読む

no image

自分が何者かにとらわれない生き方をする

HSP診断をしてみて、確かに僕はHSPの特性に当てはまるのだけど、 それは自分の特徴のほんの一

記事を読む

no image

カテゴリの話1

■2000年以上の歴史がある「カテゴリ」 「私はHSPだ」 そう言ったときには、「私と言

記事を読む

no image

「ありのまま」が難しい

HSPであるが故の繊細さ、 内向的であることの長所、 それらを知識として身につけて、 似た

記事を読む

no image

過大評価されやすい?

自分はどうも、過大評価されやすい気がしている。 これまで経験していないことについても、

記事を読む

no image

自己肯定感が高まる歌 Superfly『Beautiful』

昨晩はあまりきちんと眠れなかったせいか、 今日は吐き気とだるさとで会社を半休にしてしまった。

記事を読む

no image

とにかくただ楽に生きられることを望んでいる

ただ望むことは、楽に生きたいということだけ。 楽しく生きるでもいい 「楽」という漢字のように、

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

no image
少しだけ生きるのが楽になってきた

最近だけど、少しだけ生きるのが楽になったと思う。 まあ夜にしっかり眠

no image
2017年の目標

「好きなことを見つけて、やる」 これに尽きるかなと。 &n

no image
突然ですが、ご当地レトルトカレーの感想ブログを始めました

ここしばらく更新をしていなかったのですが、4月からもう2ヶ月近く、新し

no image
自分が何者かにとらわれない生き方をする

HSP診断をしてみて、確かに僕はHSPの特性に当てはまるのだけど、

no image
適切な薬を飲むこと

最近また更新が滞っていましたが、実はここしばらくは調子がとても良い状態

→もっと見る

PAGE TOP ↑