*

心は化学物質が生み出した付随情報に過ぎないのか

公開日: : 思索

最近2年ぶりくらいに、抗うつ薬と抗不安薬を飲んでいる。

仕事がだんだん合わなくなってきたのか、
ほとんどパニック状態でどうしてよいか分からなくなりの受診。
それでも、他人に対しての受け答えは普通にできる理性は残っているようで、
自分がよく分からなくなる。

抗不安薬を飲むと、2、30分くらいで気分が楽になり、
色んなことができそうな気になってくる。
うまく波に乗れば、実際に仕事もはかどる。

ただ、やっぱり薬一つで心が変化することを知ってしまうと、
心など結局は化学物質が生み出した付随情報にすぎないのではという気持ちが強まる。

本当は自分の意思で自分は動いてなく、
勝手に動いた結果を、あたかも自分の意思のように感じているだけ。
ただレールが敷かれた、決まり切った映画のような世界を見せられているだけ。
そんな気がしてしまう。

ひとつ希望があるとすれば、
心の奥底には不安の塊があって、
それを無理やり薬で押さえつけているような感覚を持っていること。
そのごまかされない感覚こそが、
本当の自分の意思なのではないかと信じて。

まずは折角2年間、薬を飲まずにやってこれたのに、
また頼らざるを得なくなったこの状況を何とか打破しないとな。。。

関連記事

no image

身体的に楽ではない

身体的に楽ではないところを挙げようとして、 やっぱりこの前述の三つの観点が早速崩壊しようとしている

記事を読む

no image

器用貧乏から脱出するためには

自分は色々なことの吸収が早い方で、 どんなことでもある程度のレベルまではすぐ理解できる自信はあ

記事を読む

no image

過去の栄光と、現在の精神との乖離

小さいころ、まあと言っても20歳くらいまではそうだったかもしれないが、 周りの期待に対して応えるよ

記事を読む

no image

過大評価されやすい?

自分はどうも、過大評価されやすい気がしている。 これまで経験していないことについても、

記事を読む

no image

1年経って思うこと

自分がHSPであると自覚してから1年経った。 HSPのコミュニティにも何度か参加して、 この

記事を読む

no image

善と悪

今回の記事は、HSPに対しての過激な意見が含まれるかもしれません。 批判的な意見もあるでしょう

記事を読む

no image

自分がHSPであることを自覚するまで(1)

自分自身がHSPだと自覚するようになったのは、つい1ヶ月ほど前のことですが、 でもHSPという

記事を読む

no image

「ありのまま」が難しい

HSPであるが故の繊細さ、 内向的であることの長所、 それらを知識として身につけて、 似た

記事を読む

no image

アダルトチルドレンな自分に改めて気づく

最近は仕事中にも、うつだの、仕事が辛いだの、自己肯定だの、認知行動療法だの、 自分が楽になれる

記事を読む

no image

突然ですが、ご当地レトルトカレーの感想ブログを始めました

ここしばらく更新をしていなかったのですが、4月からもう2ヶ月近く、新しいブログを作ってそちらを更新し

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

no image
少しだけ生きるのが楽になってきた

最近だけど、少しだけ生きるのが楽になったと思う。 まあ夜にしっかり眠

no image
2017年の目標

「好きなことを見つけて、やる」 これに尽きるかなと。 &n

no image
突然ですが、ご当地レトルトカレーの感想ブログを始めました

ここしばらく更新をしていなかったのですが、4月からもう2ヶ月近く、新し

no image
自分が何者かにとらわれない生き方をする

HSP診断をしてみて、確かに僕はHSPの特性に当てはまるのだけど、

no image
適切な薬を飲むこと

最近また更新が滞っていましたが、実はここしばらくは調子がとても良い状態

→もっと見る

PAGE TOP ↑