*

1年経って思うこと

公開日: : 思索

自分がHSPであると自覚してから1年経った。

HSPのコミュニティにも何度か参加して、
この1年で大きく変わったと思うこともあれば、
変わってないなと思うこともある。

一つ気づいたのは、
あまり「私はHSPだ」というカテゴライズが好きではないということ。

それまでは自分が何者か分からず、
HSPであること、もしくは内向型であること、
そういう自らの定義があるだけで、だいぶ救われたことも確かにあるけど、
HSPであることが自分の最大の特徴とするのは抵抗がある。

HSPというのは、人の個性の一部分にすぎず、
診断テストに全部当てはまる人もいれば、
HSP診断の基準は越えているけど、当てはまらないことが多い場合もある。

HSPは0か1かではなく、どれだけ敏感かという度合いで表現されるものだと思うし、
「HSPだから○○だ」と、一括りにして語れない場合だってある。

あまりにHSPということへの帰属意識が強すぎると、
人の評価や、物事の判断基準が歪められてしまうのではないかと思う。

「あの人はうるさすぎるからHSPではない」
「HSPだったらもうちょっと空気読むよね」

そういった先入観で人を見てしまうことにつながる気がしている。

自分がHSPや内向型の気質が強いことは間違いないと思うけど、
それが自分を構成する全てではないし、また他人の個性もそれだけでは語れない。

それに気づいたとき、HSPを中心とした活動というのが、
人生において1番の目標ではない気がしてしまい、1年前の情熱が無くなってきたのかなと。

前回の記事でも書いていたが、
コア・パーソナル・プロジェクトを見つけたいと思っているが、
今はまだ、自分が本当に好きなもの、熱中できるものがどこにあるのかまだ検討がつかない。

それならとりあえず、自分が少しでも好きだと思えることから、
ちょっとずつ始めていきたい。

関連記事

no image

自分が何者かにとらわれない生き方をする

HSP診断をしてみて、確かに僕はHSPの特性に当てはまるのだけど、 それは自分の特徴のほんの一

記事を読む

no image

カテゴリの話1

■2000年以上の歴史がある「カテゴリ」 「私はHSPだ」 そう言ったときには、「私と言

記事を読む

no image

アダルトチルドレンな自分に改めて気づく

最近は仕事中にも、うつだの、仕事が辛いだの、自己肯定だの、認知行動療法だの、 自分が楽になれる

記事を読む

no image

再び、言葉について

”言葉は心を越えない”   CHAGE&ASKAの『SAY YES』に

記事を読む

no image

身体的に楽ではない

身体的に楽ではないところを挙げようとして、 やっぱりこの前述の三つの観点が早速崩壊しようとしている

記事を読む

no image

とにかくただ楽に生きられることを望んでいる

ただ望むことは、楽に生きたいということだけ。 楽しく生きるでもいい 「楽」という漢字のように、

記事を読む

no image

ニーバーの祈り

ギャンブル依存症の自助グループ、ギャンブラーズ・アノニマスにて、 今日1日を賭けないで過ごすと

記事を読む

no image

クオリアとエンパシー

クオリアの問題は、昔から僕にとって考えるべき大きな題材の一つでした。 簡単に説明できないので、

記事を読む

no image

過大評価されやすい?

自分はどうも、過大評価されやすい気がしている。 これまで経験していないことについても、

記事を読む

no image

自分がHSPであることを自覚するまで(1)

自分自身がHSPだと自覚するようになったのは、つい1ヶ月ほど前のことですが、 でもHSPという

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

no image
少しだけ生きるのが楽になってきた

最近だけど、少しだけ生きるのが楽になったと思う。 まあ夜にしっかり眠

no image
2017年の目標

「好きなことを見つけて、やる」 これに尽きるかなと。 &n

no image
突然ですが、ご当地レトルトカレーの感想ブログを始めました

ここしばらく更新をしていなかったのですが、4月からもう2ヶ月近く、新し

no image
自分が何者かにとらわれない生き方をする

HSP診断をしてみて、確かに僕はHSPの特性に当てはまるのだけど、

no image
適切な薬を飲むこと

最近また更新が滞っていましたが、実はここしばらくは調子がとても良い状態

→もっと見る

PAGE TOP ↑