*

1年経って思うこと

公開日: : 思索

自分がHSPであると自覚してから1年経った。

HSPのコミュニティにも何度か参加して、
この1年で大きく変わったと思うこともあれば、
変わってないなと思うこともある。

一つ気づいたのは、
あまり「私はHSPだ」というカテゴライズが好きではないということ。

それまでは自分が何者か分からず、
HSPであること、もしくは内向型であること、
そういう自らの定義があるだけで、だいぶ救われたことも確かにあるけど、
HSPであることが自分の最大の特徴とするのは抵抗がある。

HSPというのは、人の個性の一部分にすぎず、
診断テストに全部当てはまる人もいれば、
HSP診断の基準は越えているけど、当てはまらないことが多い場合もある。

HSPは0か1かではなく、どれだけ敏感かという度合いで表現されるものだと思うし、
「HSPだから○○だ」と、一括りにして語れない場合だってある。

あまりにHSPということへの帰属意識が強すぎると、
人の評価や、物事の判断基準が歪められてしまうのではないかと思う。

「あの人はうるさすぎるからHSPではない」
「HSPだったらもうちょっと空気読むよね」

そういった先入観で人を見てしまうことにつながる気がしている。

自分がHSPや内向型の気質が強いことは間違いないと思うけど、
それが自分を構成する全てではないし、また他人の個性もそれだけでは語れない。

それに気づいたとき、HSPを中心とした活動というのが、
人生において1番の目標ではない気がしてしまい、1年前の情熱が無くなってきたのかなと。

前回の記事でも書いていたが、
コア・パーソナル・プロジェクトを見つけたいと思っているが、
今はまだ、自分が本当に好きなもの、熱中できるものがどこにあるのかまだ検討がつかない。

それならとりあえず、自分が少しでも好きだと思えることから、
ちょっとずつ始めていきたい。

関連記事

no image

過去の栄光と、現在の精神との乖離

小さいころ、まあと言っても20歳くらいまではそうだったかもしれないが、 周りの期待に対して応えるよ

記事を読む

no image

「ありのまま」が難しい

HSPであるが故の繊細さ、 内向的であることの長所、 それらを知識として身につけて、 似た

記事を読む

no image

自分が何者かにとらわれない生き方をする

HSP診断をしてみて、確かに僕はHSPの特性に当てはまるのだけど、 それは自分の特徴のほんの一

記事を読む

no image

自己肯定感が得られず落ち込んでいた時に、無理やり50個自分に「ある(あった)」もの「できる(できた)」ことを挙げたら楽になった話

精神的に辛すぎて仕事に集中できず、 加えて今は仕事が忙しくなく、締め切りがあるような仕事がほと

記事を読む

no image

HSPにとって働きやすい条件

本日はHSPカフェメリッサの月イチお茶会に参加してきました。 美味しいハーブティーとHSP同士

記事を読む

no image

話をちゃんと聞けない

昔から、人の話を聞いて理解することが苦手です。   音にも敏感な他のHSPの皆

記事を読む

no image

再び、言葉について

”言葉は心を越えない”   CHAGE&ASKAの『SAY YES』に

記事を読む

no image

HSP診断/HSS診断について

HSP(Highly Sensitive Person):非常に感受性が高く敏感な気質を持つ人

記事を読む

no image

器用貧乏から脱出するためには

自分は色々なことの吸収が早い方で、 どんなことでもある程度のレベルまではすぐ理解できる自信はあ

記事を読む

no image

クリエイティブへの憧れ

ここ最近、まっとうな生活習慣を取り戻してきて気づくのは、 自分はクリエイティブな活動に対する憧

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

no image
少しだけ生きるのが楽になってきた

最近だけど、少しだけ生きるのが楽になったと思う。 まあ夜にしっかり眠

no image
2017年の目標

「好きなことを見つけて、やる」 これに尽きるかなと。 &n

no image
突然ですが、ご当地レトルトカレーの感想ブログを始めました

ここしばらく更新をしていなかったのですが、4月からもう2ヶ月近く、新し

no image
自分が何者かにとらわれない生き方をする

HSP診断をしてみて、確かに僕はHSPの特性に当てはまるのだけど、

no image
適切な薬を飲むこと

最近また更新が滞っていましたが、実はここしばらくは調子がとても良い状態

→もっと見る

PAGE TOP ↑